2005年11月24日

コリア・プロツアーチャンピオンシップ:男子決勝詳細

 AZbilliardsにコリア・プロツアーチャンピオンシップの詳細が載っています。竹中の準決勝、 vs. ホーマンは、ホーマンのブレイクが当たらなかったようです(7−2で竹中の勝ち)。男子決勝戦だけまとめますね。フォーマットはTV仕様の7先交互ブレイク10ボール。序盤、アルカノ4−1リードから竹中が一つ戻して4−2。竹中にエースが出て4−3。アルカノのマスワリで5−3。竹中再びのエースで5−4。竹中のミスから6−4。しかし、竹中エース3連発で6−5……。レフリーは日本人だったのか?(笑) 次のアルカノのラックでアルカノがミスってヒルヒル!竹中4連発なるか!?しかし今回はほとんど10ボールは動かず。しかし、取り出しは見えた!だが竹中4番に出しミス。空コから当てるもオープン。アルカノ、5番で(英文記事では6番)コンビを決め、今年6月のアジアツアー第4戦に続く国際オープン優勝を遂げました''^_^ 
 ちなみに女子は鄭聖賢がJung Bo-Raを下して優勝しています。

ネタ元
posted by mathilda at 07:48| 兵庫 ☁| 海外試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。