2008年03月28日

明日からは女子の頂上決戦!目指せ、日本女子初世界チャンピオン!

017.jpg

 いよいよ明後日から台北で女子世界選手権'08がスタートします。簡単に日程をおさらいすると、以下のようになります。

3月29日(土):台湾女子プロツアー
3月30日(日):世界選手権ステージ1
3月31日(月):世界選手権ステージ1
4月1日(火):世界選手権ステージ1
4月2日(水):記者会見
4月3日(木):世界選手権グループラウンド
4月4日(金):世界選手権グループラウンド
4月5日(土):世界選手権ベスト24&16
4月6日(日):世界選手権ベスト8〜決勝


現世界チャンピオン:パン・シャオティン

 まず、29日はステージ1の会場でもある球聖撞球館で台湾女子プロツアーが開催されます。まさに前哨戦ですね。ステージ1に参加する日本女子はほとんど参戦するそうです。台湾勢も、ステージ2シードの柳信美以下、トップがすべて出場します。本戦以上に熱い戦いになること必至!

 30日〜1日はステージ1。今年は8枠が確定しています。30,31日は7先勝者Bの試合が2つ組まれ、それぞれの優勝者がステージ2進出。1日は4試合で各1名です。つまり、一人最大3回チャレンジ出来るということです。また、8名に入らなくても、ステージ2辞退者が出た場合はポイント上位からステージ2に出場できます。ただ、もしかしたら今年はやり方が変わるかもしれません。これはあくまでも昨年までの例です。mathildaは31日の昼過ぎに台北入り、そのまま会場より速報します。

 3,4日はステージ2グループラウンド。8組各6名のラウンドロビン戦。ですが正直な話、ステージ1の方が厳しいです(汗) 各組上位3名までが決勝シングル進出。各組1位はベスト16から、各組2,3位はベスト24からになります。今年は7先勝者Bにフォーマット変更されましたが、この方が強い選手には有利かな?

 5,6日はいよいよ決勝シングル。ベスト24〜8は7先、準決勝9先、決勝11先です。6日の最終日に日本人が2人くらい残っていたら大興奮ですね!


昨年3位タイ:浜西由希子(KAMUI)

07世界選手権(台湾):パン・シャオティン W- ロビレン・アミット
06世界選手権(台湾):金佳映 W- 柳信美
04世界選手権(オーストリア):金佳映 W- 柳信美

女子世界選手権'08公式HP(PCサイト)

女子世界選手権'08/2008年4月:

2008年大会日程
3月の記事


posted by mathilda at 13:57| 新潟 ☁| 海外試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。