2014年11月02日

全日本選手権'14:台湾男子ツートップ、参戦!

1400620_430488470386014_652053271_o.jpg
柯乗逸&張榮麟


 台湾男子のツートップにして、昨年の1,2を分け合った、柯乗逸と張榮麟が今年も来日します。柯乗逸は11&13年と全日本選手権2勝。07&08年にはジュニア世界選手権を連覇。08&09年には北陸オープンも連覇しています。更に言えば、一緒に来日する弟の柯乗中は10年に全日本選手権準優勝、13年ジュニア世界チャンピオンです。兄弟でため息が出るような好成績を残しています。
 実績という面では張榮麟も負けてはいません。全日本選手権では12年優勝、13年準優勝。全日本選手権男子の2年連続ファイナル進出は、04&05年に続けて準優勝したミカ・イモネン(Mezz/Kamui)以来【注】のことでした。11年にはジャパンオープンに勝ち、12年には遂に8ボールで世界チャンピオンになりました。8ボールはその後世界選手権が開催されておらず、張榮麟は「現」8ボール世界チャンピオンということになります。
 他にも張玉龍、傅哲偉といった強豪がスタンバイ。過去3年の男子決勝を列記すると、
11年:優勝……柯乗逸、準優勝……呉珈慶(中国)
12年:優勝……張榮麟、準優勝……楊清順
13年:優勝……柯乗逸、準優勝……張榮麟
 ご存じのように呉珈慶は元台湾ですから、ここ3年間、台湾勢が全日本選手権男子を制圧し続けていることになります。果たして今年の男子はどうなるのか、注目しましょう。

【注】ちなみに男子では奥村健が79〜82年に4連覇を達成しています。92〜94年にも3年連続決勝に進み、92&94年で優勝しています。奥村はその後、05年に計7回目の全日本制覇を成し遂げました。この年を最後に日本人全日本チャンピオンは誕生していません。

47allj-top.jpg

男子ステージ1: 11月18,19日
男子ステージ2: 11月20〜24日
女子ステージ2: 11月22〜24日

会場:“アルカイックホール・オクト”(尼崎)



………………………………

URバナー.gif メッズMEZZ

アダム プレデター

キューショップ 有限会社イーエスピー

エッグウェイ プロショップUSA

ニューアート banner_150_45.gif

OTA onthehill-standard.gif

キースアンディ ビリヤードFOX

スルースドライタッチパウダー プロショップ セントラル

K's Link メッカ&ハイランド

tpcc2009.gif kazusoftware.jpg

ポイント

link-150-45.jpg LUCKY13

japa.jpg 撞具屋

pp_logo.png jpba.jpg

「On the hill !」広告バナー募集中! horieya.jpg

onthehill-facebook.jpg

13new.jpg
space.jpg
13format.jpg
space.jpg
13schedule.jpg
space.jpg
13log.jpg
space.jpg
13hause.jpg
space.jpg
13blog.jpg
space.jpg
13rule.jpg
space.jpg
13ranking.jpg
space.jpg
13players.jpg
space.jpg
13cue.jpg
space.jpg
13ota.jpg
space.jpg
13mezz.jpg
space.jpg
13ask.jpg


3p.jpg
space.jpg
picasa1.jpg
space.jpg
twitter-7072b.jpg
space.jpg
facebook-logo.jpg
Ustream_101208.jpg
space.jpg
youtube-f88c81.jpg



posted by mathilda at 10:43| 新潟 ☁| 全日本選手権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。