2007年04月07日

2007女子世界選手権:ベスト24終了!

DSCF1994.jpg

4月7日:ベスト24(7先勝者ブレイク)

林倍君 W−2 N・ウィリアムズ
 点差以上の実力差で林倍君が圧勝!

鄭聖賢 W−6 譚湘玲
 混戦のままヒルヒル。最後は鄭聖賢が取りだし勝負の19バンクコンビ!!

J・オーシャン 5−W W・ヤンス
 ジャスミン、不用意なファール、キューミスで0−3スタート。一時5−4と逆転しましたが、捲りきれませんでした。ウェンディのライバル心に軍配!?

R・アミット W−6 D・ステッツニー
 アミット、ヒルヒルの最終ラック、どろどろの死闘を制し、今年のヨーロッパ8ボールチャンピオンを下しました''^_^

林元君 6−W 蘇憶雲
 0−4から6−5にしたた林元君。しかし、追いつかれた最後はエース……(涙)

頼慧珊 W−6 L・ケルシュビク
 5−2からヒルヒルに追いつかれた頼慧珊。8番をとばすも89が嫌らしいコンビ残り。リナ、これをとばしてスクラッチ……

高木まき子(ADAM) 5−W パン・シャオティン

大谷晃央(ADAM) 2−W 張舒涵

2007女子世界選手権/2007年4月:

2007年大会日程
4月の記事


posted by mathilda at 14:34| 新潟 ☁| 海外試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。