2007年01月19日

関西9ボールオープン:男子会場割り!

 9会場30組!各組1位が決勝日ベスト32に進出出来ます。予選は完全ダブル。各組最終で勝者側が敗れた場合、5先のプレーオフがあります。すべて勝者ブレイクですが、男子決勝戦のみ交互ブレイクでおこなわれます。
 ディフェンディング・チャンピオンの田中雅明、2006ランキング1位の大井直幸(FLANNEL)は決勝ベスト32にシードです。

タツミビリヤード(1,2,3組)

ビリヤード No.1(4,5,6組)

ビリヤード&カフェ SUN(7,8,9組)

プールステーション(10,11,12組)

嶋崎ビリヤード(13,14,15組)

ファインショット(16,17,18組)

西田辺ビリヤード(19,20,21組)

アメリカンクラブ(22,23,24,25組)

ボウルメート(26,27,28,29,30組)


posted by mathilda at 09:28| 新潟 ☁| 国内プロ公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする