2006年11月08日

フィリピン世界選手権:グッバイ、USA!

_B080589.jpg

 チャーリー・ウィリアムズ、アール・ストリックランド、コーリー・デュエル、ジョニー・アーチャー、ジェレミー・ジョーンズ……。チームUSAの5名が全滅です。うち3名(ストリックランド、デュエル、アーチャー)は、台湾勢3名(劉峻銓、呉珈慶、楊清順)に倒されました。
 劉峻銓 vs ストリックランドは2番テーブルだったのですが、気づいたら終わってました……。スト様、もうやる気がなかったのかもしれません。TVテーブルの呉珈慶 vs デュエルも呉珈慶の完勝。4番テーブルの楊清順 vs アーチャーは最初から最後まで見ていたのですが、楊清順7−2となった時点でアーチャーは半分切れてました……。最も期待されていたロドニー・モリスはグループラウンドでアウト。みんなIPTショックで腑抜け状態なんでしょうか……(汗)

_B070270.jpg
楊清順

_B049632.jpg
劉峻銓

_B080540.jpg
呉珈慶


posted by mathilda at 23:40| 新潟 ☔| 世界選手権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。