2006年11月07日

フィリピン世界選手権:ホーマンから高野への厳しい洗礼!

_B070378.jpg

高野智央(ADAM) 3−8 トースティン・ホーマン

_B070376.jpg
トースティン・ホーマン

 ホーマン、シュートミス2回、マスワリ4回で高野を粉砕しました。2003年世界チャンピオン、IPTノースアメリカンオープンチャンピオンは伊達ではありませんね……。ホーマン7−0となった時点で、「まさか……」を覚悟しましたが、次の試合がブスタマンテ vs ビラ王子だったので、それまでガラガラだった客席が急に一杯に。さすがにホーマンも、早く終わらせなければとプレッシャーを感じたのか、ちょいおかしくなりました。でも、最後マスワリで締めるところはさすがです''^_^
 高野、これは良い刺激になったのではないでしょうか''^_^ 高野、グループ2位の2勝1敗で決勝シングル進出。いやー、この試合が通過を決めた最終戦で良かった!


posted by mathilda at 21:36| 新潟 ☔| 世界選手権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。