2006年10月28日

フィリピン世界選手権:ステージ1初日通過はフィリピンのゴメスと台湾のNien!

予選1通過、ロベルト・ゴメス(フィリピン)!
決勝:
大井直幸(FLANNEL) 6−9 ロベルト・ゴメス
 大井、7−8にする9番をミス!(涙)
ベスト4:
大井直幸(FLANNEL) 7−5 ルディ・モルタ
ワレン・キアムコ 2−7 ロベルト・ゴメス
ベスト8:
大井直幸(FLANNEL) 7−2 ダニエル・デラロサ
ルディ・モルタ 7−3 井上浩平(FLANNEL)
ワレン・キアムコ 7−6 Victor Arpilleda
ロベルト・ゴメス 7−3 Renemar David

草野寿、1回戦敗退。井上浩平(FLANNEL)、ベスト8敗退。

予選2通過、Nien, Rong-Chih(台湾)!
決勝:
Nien, Rong-Chih 9−4 Chien, Chin-Ju
ベスト4:
Nien, Rong-Chih 7−1 リー・ヴァン・コルテッッザ
Chien, Chin-Ju 7−3 ジョン・サラザール
ベスト8:
Nien, Rong-Chih 7−2 AL YOUSEF Abdullah
リー・ヴァン・コルテッッザ 7−3 ケビン・ベッカー
Chien, Chin-Ju 7−3 Boon, Tan Tiong
ジョン・サラザール 7−6 Pan, Shen-Ping

日本勢は全然だったようです。


posted by mathilda at 17:42| 新潟 ☁| 世界選手権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。