2012年03月05日

グランプリイースト'12第1戦:やはり今年のGPは見逃せない!

_3047230.jpg
今大会屈指の熱戦となった、浦岡 vs 井上戦

グランプリイースト'12第1戦写真

 2012年グランプリイースト開幕!3月4日(日)、神奈川県相模原市の「エックスフィールド」で開催された第1戦には、開幕戦にふさわしくグランプリ優勝経験者がずらりと並ぶ重厚なメンバーが揃った。
 1回戦屈指の好カードとなったのが赤狩山幸男(Kamui) vs 羅立文(K.Andy)戦。先日共にUAEで8ボール世界選手権を戦った2人の対戦は、赤狩山がほぼノーミスで羅を圧倒し、羅にブレイクスクラッチが2発も出てしまったこともあって、赤狩山が8-2で快勝。余談だが、赤狩山はこの世界選手権終了後の集計でWPA世界ランキング1位に躍り出ている。“今プールで最も強い男”それは赤狩山なのだ。
 そして初戦で会場を最も沸かせたのが浦岡隆志(Adam) vs 井上浩平(Flannel)戦。8試合で最も速く7-0でリーチをかけた井上が第8ラックでブレイクスクラッチ。そこから浦岡が逆襲に転じてあれよあれよという間にヒルヒル。浦岡、最終ラックをマスワリ!勝者ブレイクとは言え、7-0からの大捲りはそうそう見れるものではない。後半、井上にはセーフティくらいしか回って来なかった。土俵際まで追い詰められても折れなかった浦岡のメンタルと秀逸なプレーを讃えたい。
 昨年最終戦に勝ち、決勝日シードでの出場となった土方隼斗(Mezz)。土方は1回戦で内垣建一を3点、ベスト8で新人プロの黒河伸二朗を5点に抑え赤狩山との準決勝に進出。ここでも中盤で回ってきたチャンスを逃さず、2-3ビハインドから6連取で勝ちきってみせた。反対の山を上がってきたのは、前日Xフィールド予選を通過した塙圭介。塙は1回戦で昨年度JPBAランキング1位に輝いた栗林達(Justdoit)を8-3で撃破。ベスト8では北海道代表の平野義典を8-4で下し、準決勝では昨年のXフィールドで決勝に進んだ西嶋大策(Mecca)を8-5で競り落としてファイナルへ。GP2勝の塙が決勝の舞台に立つのは実に5年ぶり、2007年第6戦以来。そして、その時敗れたのが土方だったのだ。
 二日間ずっとレベルの高いプレーを続けていた塙。しかしやはり決勝のプレッシャーには手元が狂わされたのか。逆に昨年もこの会場で優勝するなど、2011年の全6戦で決勝に4度進んだ土方にとっては慣れ親しんだ舞台。2-2の第5ラックで塙がブレイクスクラッチすると、あとは土方の電車道だった。終わってみれば8-2の大差。土方、2年連続のXフィールド優勝を飾り、通算GP優勝回数も8回に伸ばすことに成功だ。
 まさに群雄割拠。関東予選を通過するのが本当に難しくなってきたと改めて実感させられた第1戦でもあった。次回第2戦は、4月8日(日)、横浜のハイランドで決勝がおこなわれる。

グランプリイースト'12第1戦:土方隼斗、GP通算8勝目!
 
グランプリブログ:「GP-1」試合報告

【動画】ベスト16:赤狩山幸男(kamui) vs 羅立文(K.Andy)

【動画】ベスト16:浦岡隆志(Adam) vs 井上浩平(Flannel)※ 最終ラックのみ

【動画】ベスト8:赤狩山幸男(kamui) vs 水下広之(EIA)

【動画】ベスト4:塙圭介(Predator) vs 西嶋大策(Mecca)

【動画】第1戦曲玉♪



JACK三軒茶屋店がビリヤード・スタッフ急募!

new.jpg
space.jpg
format.jpg
space.jpg
schedule.jpg
space.jpg
log2.jpg
space.jpg
hause.jpg
space.jpg
blog.jpg
space.jpg
rule.jpg
space.jpg
ranking.jpg
space.jpg
players.jpg
space.jpg
cue.jpg
space.jpg
ota.jpg
space.jpg
mezz.jpg
space.jpg
ask.jpg









posted by mathilda at 12:28| 新潟 ☔| グランプリ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。