2012年02月20日

丁俊暉“Ding Prince Of Wales”

0,,13165~10508835,00.jpg
丁俊暉(ディン・ジュンウェイ)

 “Ding Prince Of Wales” 丁俊暉が決勝でマーク・セルビーを9-6で下し、ウェルシュ・オープン初優勝を飾りました。これで丁俊暉のランキングタイトルは4つ目になります。
 今大会、丁俊暉はベスト16で現世界チャンピオンのジョン・ヒギンズにあと2球でゲームセットというところまで迫られましたが、ヒギンズがピンクをミス。ディサイダーでこの試合をものにすると、ベスト8でもスティーブン・リーとディサイダーに。取り切ればリーの逆転勝ちになるラストフレーム、リーがラスト・グリーンのショットに入った瞬間、観客席で携帯が鳴ってしまいます。これで手元が狂ったリーはグリーンをミス。2試合続けて土壇場で勝利をものにして勢いに乗った丁俊暉は準決勝でショーン・マーフィーを6-2で一蹴。現ランキング1位、準決勝でロニー・オサリバンを下したセルビーとの対戦となった決勝は、計5発のセンチュリーが飛び出すハイレベルな戦いとなったものの、前半5-3のリードから一度も追いつかれることなく、ゴールへ飛び込みました。
 World Snookerのランキングイベントも終盤戦。“Haikou World Open(海南島)”、“China Open(上海)”と中国2連戦が続き、4月中旬からはいよいよ“World Championship”がスタートします。昨年自身最高位となる3位タイに進んだ丁俊暉。“UK Championship”は2度、昨シーズンには“The Masters”のタイトルも手にしました。アジア大会も2度制した丁俊暉にとって、残る目標はやはり世界チャンピオンでしょう。果たして、今年はどんな戦いになるのか、今からわくわくしますね(^o^)

World Snooker; Ding Prince Of Wales

Ding vs Stephen LeeWelsh Open 2012 Quarter Final Decider

※ 決勝では会場内で携帯を鳴らした観客2名が退場になったそうです。

Ding Junhui --Wiki

PC072348.jpg
2006年ドーハ・アジア大会の丁俊暉



JACK三軒茶屋店がビリヤード・スタッフ急募!

new.jpg
space.jpg
format.jpg
space.jpg
schedule.jpg
space.jpg
log2.jpg
space.jpg
hause.jpg
space.jpg
blog.jpg
space.jpg
rule.jpg
space.jpg
ranking.jpg
space.jpg
players.jpg
space.jpg
cue.jpg
space.jpg
ota.jpg
space.jpg
mezz.jpg
space.jpg
ask.jpg










posted by mathilda at 09:17| 新潟 ☁| スヌーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。