2012年02月17日

8ボール世界選手権'12:誰が勝っても初世界タイトル!


張榮麟

【準決勝 / 9先交互】

劉海濤 vs 傅哲偉
張榮麟 vs C・メリング(Predator)

 ベスト32からベスト8の3回転がおこなわれた4日目。日本勢は赤狩山幸男(Kamui)が9位タイ、栗林達(Justdoit)土方隼斗(Mezz)が17位タイで終了となりました。熾烈なサバイバルを勝ち抜き、決勝日ベスト4に勝ち残ったのは中国の劉海濤、台湾の傅哲偉と張榮麟、イングランドのクリス・メリング(Predator)の4名。誰が勝っても初の世界タイトルです。最有力候補はやはり張榮麟でしょうか。2007&08年のギネス9ボールツアーで勝ちまくったのも記憶に新しいところですが、昨年も北京オープン&ジャパンオープンに優勝。実績&大舞台経験は他の3人より頭二つは抜けています。さあ今夜、いよいよ新チャンピオンの誕生です!

トーナメント表PDF

WPAライブスコア

REI-TIP FACEBOOK

4日目

3日目

2日目

1日目



new.jpg
space.jpg
format.jpg
space.jpg
schedule.jpg
space.jpg
hause.jpg
space.jpg
blog.jpg
space.jpg
rule.jpg
space.jpg
ranking.jpg
space.jpg
players.jpg
space.jpg
cue.jpg
space.jpg
ota.jpg
space.jpg
mezz.jpg
space.jpg
ask.jpg








posted by mathilda at 10:24| 新潟 | 世界選手権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする