2006年10月02日

ワールドプールリーグ:オルクリオ優勝!


優勝:デニス・オルクリオ(写真は2004年9ボールフェスティバル)

 オルクリオ、遂にメジャータイトル制覇!なんか、遠くに行っちゃったなあ(溜息)↑こんな頃が懐かしい……。

決勝:
デニス・オルクリオ 8−5 ニールス・フェイエン

準決勝:
デニス・オルクリオ 8−5 ラルフ・スーケー
ニールス・フェイエン 8−2 トースティン・ホーマン

 リーグ最終戦でドラマがありました。フェイエンに大敗していた張裴璋は、最終戦を8−2が8−2なら、得失点&直接対決で通過出来ました。バビサは勝てば文句なし。ホームの大声援に堅くなるバビサを尻目に、張裴璋7−1までリードしてあと1点。しかしバビサが踏ん張って7−2。最終ラック、張裴璋ジャンプファールで万事休す……。バビサ、張裴璋を道連れに終了です。 なかなか興味深い組み合わせになった準決勝。さて、「ドイツ・ファイナル」は」あるのかな?つーかホーマン、あんたはもう賞金いらんでしょ(笑)

第5ラウンド:
ニールス・フェイエン 5−5 デニス・オルクリオ
ラルフ・スーケー 4−6 トースティン・ホーマン
ラドスロウ・バビサ 3−7 張裴璋

1勝4分0敗 6p +2 デニス・オルクリオ
2勝1分2敗 5p +4 ニールス・フェイエン
2勝1分2敗 5p +0 トースティン・ホーマン
1勝3分1敗 5p +0 ラルフ・スーケー
----------------------------------
2勝1分2敗 5p -2 張裴璋
1勝2分2敗 4p -4 ラドスロウ・バビサ

マッチルームスポーツ
posted by mathilda at 01:02| 新潟 | 海外試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする