2011年12月27日

今年世界で一番稼いだのは……誰?

PB163149.jpg
シェーン・バン・ボーニング(Cuetec)

AZbilliards 2011 Player Money List

160,450ドル……S・V・ボーニング(Cuetec)
150,044ドル……ラルフ・スーケー(Kamui)
144,180ドル……ダレン・アプルトン(Predator)

 アメリカのビリヤード情報サイト“AZBilliards”は、毎年選手の獲得賞金をリストアップしています。それによると、今年プール界で最も稼いだのはボーニングになるそうです。ボーニングは今年、ダービーシティクラシックで総合優勝を飾り、USオープン10ボール、ニカラグアオープンなどにも優勝しています。“マッチルーム三冠を達成したスーケーが2位、USオープン9ボール連覇を果たしたアプルトンが3位に入っています。昨年1位だったアプルトンの獲得賞金額が118,494ドルでしたから、賞金的に見れば2011年はちょっと上向いたとも言えるのでしょうか。スヌーカーに比べれば賞金が安いと言われるプール界ですが、トップになればやはり稼げるものですね。ちなみに女子の1位は陳思明で、76,479ドルを稼ぎ出し、総合でも10位に入っています。




B.Square:今週の一本
NEWART:タッド魅惑品入荷!
EIA:DeltaFキャンペーン開催!
SPIDER:1円スタート!
Mecca:BWテーブルUpgrade!
TP&CC:冬セール開催中!!
CSJ:栗林1位キャンペーン!
PSUSA:2011 Xmas Sale!
OTA:カスタム特価!!
K's Link:ウィンターセール!
ShopCues:新商品続々入荷!
CENTRAL:冬CAMPAIGN!
FOX:“WINTER SALE!”
撞具屋:オークション!


キューの盗難に関する情報提供のお願い

ハウス要項
大会日程
2011年12月:
2011年11月:
2011年10月:
2011年9月:







posted by mathilda at 08:56| 新潟 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする