2011年08月06日

USオープン'11:有力選手のボイコット回避へ

usopen2011.jpg

 USオープンの賞金遅配問題に端を発した今回のボイコット騒動。プロモーターのバリー・バーマンと選手会であるABPとの間で交渉が成立し、どうやら有力選手がこぞって出場を見合わせるという事態は回避されたようです。骨子となるのは、賞金原資の50,000ドルとエントリーフィーをアメリカのNBAに当たるBCAが管理し、選手への賞金支払いを保証するという部分。これが上手く機能すれば、選手側は賞金遅配への不安がなくなるわけです。基本的に、トッププレイヤーであればあるほど“世界最強決定戦”であるUSオープンへの想い入れは強く、ボイコットという事態は避けたかったこともあるでしょう。今回の騒動が、今年の大会成功への確かな一歩となることを望みます。

Text of Agreement Between US Open and ABP

USオープン公式HP

USオープン、大ピンチ?




NEWART:限定シルグリップ
SPIDER:1円スタート!
MECCA:カスタムC続々入荷♪
TP&CC:ジャンプCフェア!
CSJ:夏はプールだ!
PSUSA:サマーセール!
OTA:サマーセール!!
K's Link:サマーセール
ShopCues:人気B&J!
CENTRAL:Lucasi30%オフ!
キューの盗難に関する情報提供のお願い

ハウス要項
大会日程
2011年8月:









posted by mathilda at 08:22| 新潟 ☀| 海外試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。