2006年07月04日

東日本女子プロツアーアラカルト

_7026411.jpg

_7026417.jpg
会場のナインフィールド

ところで、2002年以降の成績一覧。

2002年1月第1戦:梶谷景美、曽根恭子(優勝−準優勝)
2002年2月第2戦:並木咲子−梶谷景美
2002年4月第3戦:奥村りか−野間多美子
2002年7月第4戦:梶谷景美−並木咲子
2002年8月第5戦:梶谷景美−曽根恭子
2002年9月第6戦:曽根恭子−並木咲子


2003年2月第1戦:梶谷景美−野間多美子
2003年7月第2戦:三浦陽子−野間多美子
2003年8月第3戦:三浦陽子−奥村りか
2003年9月第4戦:宗田三佳−中村舞子
2003年12月第5戦:梶谷景美−奥村りか


2004年10月第1戦:梶谷景美−宗田三佳
2004年4月第2戦:梶谷景美−曽根恭子
2004年5月第3戦:曽根恭子−梶谷景美
2004年9月第4戦:梶谷景美−曽根恭子
2004年10月第5戦:梶谷景美−宗田三佳


2005年4月第1戦:梶谷景美−曽根恭子
2005年7月第2戦:梶谷景美−野間多美子
2005年8月第3戦:曽根恭子−梶谷景美
2005年11月第4戦:梶谷景美−林紀代


2006年5月第1戦:曽根恭子−梶谷景美
2006年7月第2戦:井上直美−並木咲子


梶谷景美:12−4(優勝−準優勝)
曽根恭子:4−5
三浦陽子:2−0
並木咲子:1−3
奥村りか:1−2
宗田三佳:1−2
井上直美:1−0
野間多美子:0−4
中村舞子:0−1
林紀代:0−1


 梶谷の勝率5割5分、連対率(?)7割3分!凄すぎです(汗)

_7026412.jpg
今回のポケット

 今大会の使用テーブルは、先週の9ボールフェスティバルのTVテーブルでもあったオルハウゼン。ガリオン、ブランズウィック、それぞれの台のスペシャリストがいても面白いんですけどね''^_^

_7026445.jpg
並木咲子(MEZZ)の復活も近い!?

 3年ぶりの決勝進出だった並木。井上と共に今後の活躍に期待''^_^

_7026528.jpg
泣いてないですから!

 嬉しい嬉しい初優勝!ブログからは喜びの声が聞こえてきそうです''^_^

_7026467.jpg
武本有希:私も頑張らなきゃ!(と思っていることでしょう)

 ブログが更新されてます''^_^




posted by mathilda at 14:32| 新潟 ☔| グランプリ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。