2006年06月02日

14−1世界選手権:銘苅、無念……

現段階:
 高見剛  6勝0敗
 土方隼斗 5勝1敗
 銘苅朝樹 4勝3敗(グループ敗退)
 草野寿  3勝4敗(グループ敗退)

22:15〜
銘苅朝樹(W.O.) 100−71 Alavena


 現在銘苅戦途中ではありますが、同組内の他試合の結果によって、銘苅がこの試合に勝利しても、通過の可能性はなくなりました。残念です(涙) こちらは今午前3時過ぎ。ジャネットがスーケーを倒しています。2日午前の日本戦2試合は結果のみお伝えします。銘苅戦が終了したらすぐ寝ます……。アジア9ボールツアーの結果は公式HPを御覧ください。

2日9:00〜
土方隼斗(MEZZ) vs Maidhof

10:15〜
高見剛(TP&CC) vs Smith

11:00〜(時差-13時間/日本時間1日23:00)
高見剛(TP&CC) 100−65 トニー・ロブレス
 高見剛3勝0敗


 高見、ハイラン70!これでほぼ決まり!

12:15〜
草野寿 100−44 ジョニー・アーチャー
銘苅朝樹(W.O.) 100−12 Moody


 銘苅、調子が出てきました。アーチャー、試合放棄!ちょっと時間がないので詳しく説明できませんが、初日の終了が早朝5時にずれ込んだことを例に出すまでもなく、様々な運営上の問題が噴出。タイムルールの適用(結果としては草野がタイムファール)を巡ってアーチャーが切れ、試合放棄となりました。正直、世界選手権と言うにはお粗末な状態が続いています。5年ぶりにおこなわれる14−1のビッグイベントということで、色々問題が出ることはある程度予測出来たことですが、ドラゴン・プロモーションの運営に批判が出ても仕方がない状態。いずれにせよ、草野は首の皮一枚繋がりました。逆にアーチャーはほぼ絶望です……。

13:30〜
土方隼斗(MEZZ) 100−68 Rice


 土方、ブレイクボールを3回ミスしましたが、なんとか勝利''^_^ これでほぼ通過でしょう!

_6015249.jpg
銘苅朝樹(W.O.)

16:00〜
高見剛(TP&CC) 100−98 ファビオ・ペトロニ
銘苅朝樹(W.O.) 34−100 Fazanes


 高見、42−98から大捲り!ハイラン58!グループ通過確定です''^_^ 銘苅3敗目!

17:15〜
草野寿 100−99 Schwartz


 対戦相手がゲームボールのコンビをミス!草野、52点から捲りました!ちなみに、草野を救ったのはこのハプニング↓
_6025348.jpg
 外は大荒れで突然の雨漏り(笑)雷鳴も加わって場内騒然。相手のミスを呼び込みました''^_^ これで草野が優勝したらまさに「神風」ですね!


高見剛(TP&CC)

18:30〜
高見剛(TP&CC) 100−35 トーマス・エンゲルト


 全勝対決に勝利!


土方隼斗(MEZZ)

_6015194.jpg
草野寿

19:45〜
銘苅朝樹(W.O.) 100−43 Lynch
土方隼斗(MEZZ) 100−58 Chenman
草野寿 79−100 Wehner


 草野、後半、不用意なスクラッチ2発で敗れました。グループ通過はかなり厳しい状況。また、今日おこなわれる予定だったラスト2回転が、明日の早朝に延期になりました。バッタバタです……。銘苅、今晩の最終戦に望みをつなぎます!土方、高見、あと1試合ずつ明日に残しましたが、通過は確定です''^_^ ベスト32の組み合わせは、「世界選手権方式」で決められるので、明日午前の2回転が終わるまでわかりません。

公式速報ページ

14−1世界選手権



posted by mathilda at 01:50| 新潟 ☁| 海外試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。