2006年04月04日

ドーハアジア大会男子2次/女子1次予選参加者確定!

ドーハアジア大会男子2次予選/女子1次予選

男子
JPBA代表:
青木亮二、赤狩山幸男、塙圭介、藤本共史、所勘治、西尾祐、星勝志、福本宇太郎、栗林達、浦岡隆志、杉原匡、辻大平
アマチュア代表:
河合啓盛、喜島安広、中野雅之、田中裕也、早瀬優治(現プロ)、柳沢政行、榎本純久、折戸和幸、田仲一夫、東條紘典

女子
JPBA代表:
福家美幸、曽根恭子、夕川景子、浜西由希子、後藤律子、武本有希、清水和子、河原千尋、野内麻聖美、並木咲子、山内公子、木本梨沙、光岡純子(繰り上がり)

アマチュア代表:
永岡さつき辞退)、小薮妙子(現プロ)、愛智恵美辞退)、辺見真紀子

フォーマット:NBAルール、9ボール、プッシュアウトあり、勝者ブレイク、相手レフリー

3次予選進出者:男子7名、女子3

男子:11名2組、9先勝者、各組上位3名が3次予選へ

女子:8名2組、9先勝者、各組上位1名が3次予選へ

 順位の決め方:
  1:勝数
  2:得失点差(得ラック−失ラック)
  3:対象が2名の場合、直接対決の結果
  4:対象が3名以上の場合、
   1:失ラック
   2:(同着の人達だけを抜粋したリーグ表を仮想し、
      そのリーグ表の中だけで) 
    1:勝数
    2:得失点差
    ※ 1または2で残り2名になった時点で、
      直接対決の勝者を上位とする。
   
男子各組4位同士、女子各組2位同士のうち上位1名が3次予選へ

 順位の決め方:
  1:勝数
  2:得失点差(得ラック−失ラック)
  3:失ラック
  4:プレーオフ(7先勝者)

ドーハアジア大会男子2次予選/女子1次予選要項
   
ドーハ・アジア大会1次予選第1ブロック、代表は東條紘典!

ドーハ・アジア大会都道府県予選代表



posted by mathilda at 07:35| 新潟 ☔| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。