2006年03月29日

藤間レポート 〜カタールからの便り(その1)

P2280730.jpg
藤間一男(写真は女子世界選手権プレイヤーズミーティング)

 WPAのスポーツディレクター、藤間一男氏は現在、アジア大会開催国カタールのナショナル・チームコーチとして現地に滞在中。これまでもインドネシア等でコーチを歴任してきた、「ミスター・フジマ」が、果たしてカタール・チームをアジア大会の台風の目に育てることが出来るのか?そんな藤間氏より頂いた、ドーハ・アジア大会の最新情報をお届けします。

アジア大会日程:

11月15日:選手村オープン
12月1日:開会式
12月2日:組み合わせ抽選/テクニカル・ミーティング
12月5日:キュースポーツ開始
12月11日:キュースポーツ終了
12月15日:閉会式

プール種目のシード選手選考方法:

男子9ボール:前回(2002年大会)上位4名の所属国がシード。
第1シード:台湾
第2シード:フィリピン
第3シード:韓国
第4シード:フィリピン 

前回日本代表は利川章雲、大橋清孝が共に17位タイ

男子8ボール:前回(2002年大会)上位4名の所属国がシード。
第1シード:台湾
第2シード:台湾
第3シード:フィリピン
第4シード:シンガポール

前回日本代表は高橋邦彦、銘苅朝樹が共に9位タイ

女子9ボール&8ボール:
APBUランキングからシードが選ばれる予定。

出場人数のエントリー〆切:8月30日、ドーハ時間24時。
      この後に、「出場者名のエントリー〆切」がある。

 会場はメインスタジアムから約5キロ離れてる。スヌーカー11台、プール3台、キャロム2台。それ以外にそれぞれ練習テーブルがある。観客席数は約1,000席。試合は多い時で、1日3回撞くことになる。試合のセット数はまだ発表になっていない。試合のタイムスケジュールは3時間おきに設定されている。
 カタール・ナショナルチームのスパーリング選手として、フィリピンから2人呼んでいるのだが、カタール選手では歯が立たないのが現状。常に10先で10−2,3程度のスコアになってしまう。カタール・チームの強化はまだ始まったばかり。


posted by mathilda at 07:00| 新潟 ☔| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする