2006年03月19日

ジャパンオープン:優勝は今年も外国勢(涙)

P3191639.jpg
優勝:アントニオ・リニング(KEITHANDY)&蘇憶雲

P3191640.jpg
史上初!?夫婦同時G1三位タイの山内和彦&公子

_3192051.jpg
男子決勝:
アントニオ・リニング W−3 ドンドン
3連マス3−0。出しミスもドンドン1番追っかけスクラッチ!?リニング5番ミス。ドンドン6番ミス4−0。外で書き込んでる間に6−0。6−1から取り出し隠れてセーフティミス?7−1。マスワリ8−1。リニング3番セーフティミス、スクラッチ8−2。マスワリ8−3。ドンドン3番ミスってスクラッチ。リニング、ノープレッシャーで優勝''^_^

_3192206.jpg
女子決勝:
蘇憶雲 W−2 浜西由希子
マスワリ0−1。浜西のセーフティにジャンプ。手玉が絶妙の所に隠れる。浜西ファール。蘇憶雲5番セーフティミス。浜西7番でスクラッチ1−1。蘇憶雲2番に出せずも7番で蘇憶雲に回る2−1。3−1。エースで4−1。マスワリ5−1。浜西1点返した!5−2!浜西8番ミス6−2。2番セーフティ戦から7−2最後は巧いマスワリ。蘇憶雲、海外初優勝!


posted by mathilda at 15:50| 新潟 ☁| 国内プロ公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。