2009年06月29日

アルカノ、ローテで“魔術師”を撃破!


ロニー・アルカノ

 28日、マニラでエキシビジョンマッチ(フィリピン・ローテーション、9先)がおこなわれ、06年9ボール&07年8ボール世界チャンピオンのロニー・アルカノが、エフレン・レイズを9-4で倒し、勝利ボーナス約30万円を手にしました。ちなみに、昨年の対戦映像はこちら。また、フィリピンローテのルールはこちら
 それにしても、

やっぱりフィリピンオールスターズのプレーを見る機会が減ったのは寂しいですね。フィリピンビリヤード界の内紛、何とかならないものでしょうか。簡単に説明しますと、現状でWPA-APBUが承認しているフィリピンのビリヤード団体はBSCP(Billiards and Snooker Congress of the Philippines、ラヤスポーツ)で、こちらには、ジェフリー・デルーナ(Mezz)、アントニオ・ガビカ、マーロン・マナロなどが所属しています。ですが、エフレン以下トップ選手のほとんどは対立団体であるBMPAP(Billiards Managers and Players of the Philippines、プーヤットスポーツ)に所属しているので、WPA-APBU関係の試合には出場出来ません。つまり、世界選手権にももちろんエントリー出来ないわけです。やれやれ。

Alcano Shows Mastery Over Reyes

大会日程
2009年6月:
掲示板



posted by mathilda at 13:05| 新潟 | 海外試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。