2011年02月28日

10ボール日本語ルール(2011/Jun/19)補足

P1040402.jpg

10ボールルール:

 来るジャパンオープンで10ボール採用となりましたが、今年は国内でもWPA10ボールルールの試合が増えると思います。是非今から慣れておいて下さい。基本は完全コールショットだということ。9ボールから偶然(ラッキー)の要素を出来るだけ排除したのが10ボールだと理解して頂ければ分かり易いかと思います。もし疑問点があれば、ツイッターで質問して下さいな(^o^)

【要再確認!】JPBA公式戦の10ボールルール
JPBAルール改訂(2011/May/13)
JAPAルール改訂(2011/May/13)

【ブレイク】……WPAルールでは交互ブレイク。2011年度JPBA公式戦では基本的に勝者ブレイク。『(2011/Feb/19)修正』

【ラック】……WPAルールでは敗者ラック。2011年度JPBA公式戦では基本的にセルフラック。また、2番3番を両端固定(左右はどちらでもOK)とします。『(2011/Feb/19)修正』

【エース】……WPAルールではエース無効。ブレイク時の10番インはスポット戻し。2011年度JPBA公式戦ではエース無効。『(2011/Feb/19)修正』

※ 上記の3項目に関して、海外では大会ごとに主催者が決める場合が多いので、その都度必ず確認して下さい。

【コールショット】……ジェントルマンズコールでOKだが、コンビ、キャノン等、紛らわしい場合は相手プレイヤー(審判)にきちんとコールすること。同時に複数のボールはコールできない。
 ※ コールされたボールがコールしたポケットに落ちれば、その前後にキャノン、コンビ等で落ちたボールはそのままになる。ただし、10ボールが落ちた場合はフット戻しとなり、ゲーム終了にはならない。『(2009/May/26)修正』
 例: 3-10コンビ等で10番をコールした場合、3番が落ちても10番が落ちなければ、ノーコールインなので相手のオプションになる。3番をコールした場合、3番が落ちずに10番が落ちたら、ノーコールインなので相手のオプションになる。もちろん10番はスポットに戻される。

【ノーコールイン】……以下の場合、相手のオプションとなる。
 1)コールしたボールが選択したポケットに落ちずに違うポケットに落ちた。
 2)コールショットに失敗して、コールしていないボールが落ちた。
 3)上記1と2が同時に起きた。

【セーフティ】……セーフティをコールして先玉に当たり、いずれかの先玉が落ちた場合は相手のオプションになる。
 ※ つまり、8ボールのように自分のボールを落としてのセーフティは成立しない。

10ボールのルール補足(セーフティ)
『(2011/Jun/19)補足』

【オプションのまとめ】……要はコールショットが成立せず、コール以外のボールが落ちたらオプションになるということ。オプションとは、撞くか、パスするかを選べるということ。『(2010/Nov/18)加筆修正』

【ボールの処理】……ブレイクファール、ファール、ノーコールインで落ちたボールはスポットに戻さない。ただし、10ボールはフットスポットに戻す。

【空クッション時の注意】……空クッションから入れにいく場合は、コール(ボールとポケット)を明確に宣言しておくこと。

【3ファール】……有り

また、10ボールをする際にはこれが便利ですよ!

WPAルール(英文)



posted by mathilda at 22:00| 新潟 ☁| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。