2009年03月08日

WBCの不思議

sp_090224.jpg
'09 WORLD BASEBALL CLASSIC

 日本圧勝に終わった7日のWBC、日本 vs 韓国。そのニュースをテレビで見ていて、アナウンサーの「今大会で日本は最大5回韓国と対戦します……」という言葉にびっくり。どうして???
 今回のWBC、トーナメントに野球の世界では珍しいダブりイリミネーションを採用したことで巷の話題になっていましたが、言うまでもなく、我がビリヤード界においてダブルイリミは非常にポピュラー。と言うことで、ビリヤード記者から見た、WBCの不思議なシステムをちょっと解説したいと思います。

 まずはWBCのシステムから。WBCは参加16ヵ国。これをA〜Dの4組に分け、第1ラウンドをおこないます。第2ラウンドでは、AとBの1,2位が1組、CとDの1,2位が2組に分かれます。ここでもう一度ダブルイリミをおこない、各組の1,2位計4チームが最終ラウンドに進出。つまりここが我々風にいう決勝シングルというわけ。
 まあ図で見て貰った方が早いので、オフィシャルサイトを一度御覧下さい。
 で、日本と韓国が何故最大5回対戦することになるかというと、両チームが最終ラウンドに進んだ場合、第1ラウンド=2回、第2ラウンド=2回、最終ラウンド=1回の計5回対戦することになるからです。
 まず一つめに不思議なのは、第1、第2ラウンドでは、最後に1位決定戦が組まれていること。我々の感覚で言うと、7日の日本 vs 韓国は勝者最終。ここで勝った方が勝者側抜け(1位)、敗者最終で勝った方が敗者側抜け(2位)にしてしまえば、1位決定戦は不必要だと思うのですが。
 二つ目の不思議は、各組の1,2位が第2ラウンドで再び同じ組に入ってしまうこと。つまり、1組(A1,A2,B1,B2)と2組(C1,C2,D1,D2)。これが例えば、1組(A1,C2,B1,D2)と2組(C1,A2,D1,B2)という組分けだったら、日本 vs 韓国は第2ラウンドで実現しないことになります。
 まとめると、第1,2ラウンドで1位決定戦をなくし、第2ラウンドで各組の1,2位を別組に割り振れば、日本 vs 韓国は最大で2回しか対戦しないことになるのです。どうです?このmathilda案の方が自然に感じませんか?それとも、考え方がビリヤードの運営的すぎ?(笑)
 では、どうしてこのようなシステムになったのか。これは、結論を先に書いてしまうと、WBCがスポーツの世界チャンピオンを決める大会ではなく、単なるスポーツ興業でしかないからなんです。もちろん、それがいけないということはないのですが。以下、mathildaの推測になりますが、端的に言って、主催者からすれば日本 vs 韓国はドル箱カード。7日のチケットはプレミア化し、詐欺事件も起きたとか。つまり、主催者としては対戦が多ければ多いほどありがたいわけです。そう考えれば、1位決定戦があることも自然に思えてきます。
 また、同じ理由で第2ラウンドの組分けも説明できます。mathilda案では第2ラウンドのどちらかが、日本、キューバ、アメリカ、ドミニカなんていう「死の組」になってしまう可能性があり、そこであっけなく日本が負けてしまえば、 最終ラウンドの視聴率がガタ落ちになることは明らかだからです。
 昨年、WBC代表候補に名前が出た中日の選手が全員辞退したことが話題になりましたが、某週刊誌で中日の関係者がこう言ってました。「WBCはじゃない。単なる読売さんのイベントだから……」と。まさに核心をついた発言だと思います。
 WBCをいたずらに非難しようという意図はmathildaにはないし、日本代表には心情的にはやっぱり頑張って貰いたい。ですが、どうも北京オリンピックでの惨敗をWBCで勝つことによって帳消しにする、つまり「WBCが本当の世界一決定戦」といったマスコミ報道には違和感を感じてしまうのです。興業なら興業として、スーパースター達のプレーを楽しみつつ、日本代表を応援出来ればそれでいいじゃないか。第2ラウンドで日本代表が韓国、キューバに連敗して終了なんてことになったら……、今度は原監督が針の筵に立たされることになるのでしょうか。
 ところで、昨日の“The Open'09”は興業としては大成功だったと思います。大本命が順当に勝ち上がり、実力と華のある日本代表との決勝になったことで、会場は大いに沸きました。この方も大興奮だったようですね(^o^) もちろん同じイベントとは言っても、WBCと“The Open'09”の比較には無理がありますがm(_ _)m それでも、こういうビリヤードも十分にアリだと思います。FUJIYAMAの今後の展開が本当に楽しみです(^o^)
 今回は、エフレンの妙技とギャラリーの盛り上がりを思い出しつつ、ふと気になったWBCのことをまとめてみました。長文通読感謝m(_ _)m
 “ '09 WORLD BASEBALL CLASSIC”最終ラウンドは3月21〜23日におこなわれます。何かと暗い話題が多いご時世ですので、我らがジャパンオープン(21,22日)共々、盛り上がって欲しいと思います。

最後に、この言い間違いは凄いの一言……

FUJIYAMA“The Open'09” / 2009年3月:

大会日程
2009年3月:
掲示板


posted by mathilda at 18:21| 新潟 ☁| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。