2008年10月22日

USオープン'08:ジャンゴ、巧い!

P9261985.jpg
フランシスコ・ブスタマンテ

 勝者3回戦でイムラン・マジド(MEZZ)と激突したジャンゴはブレイクに苦しむ。対するマジドはカットブレイクからマスワリ量産。ちなみに今回はブレイクボックスです。8-7の第16ラック、ジャンゴはエースを出すも無情のスクラッチ。ここから取り切り、マスワリ、マスワリでマジドがリーチ。第19ラックは取り出しが見えず、1番セーフティ戦からマジドのジャンプがオープンになって9-10。第20ラックもセーフティをしかけ、マジドが故意ファールで凌ごうとするが、ジャンゴがさすがの取り切りでヒルヒル。最終ラック、入れがないところで、取り出し2番に上手く当て、絶妙の力加減で7番を挟み込むセーフティ!マジド再び故意ファール。ここから更に短短にビシッと分けてセーフティを決めたジャンゴはさすが。たまらずマジドは2ファール。8-9がトラブル気味になり、8番でマジドがレフリーを呼ぶも、ジャンゴはそんな心理戦など気にせず8番をコーナーに入れて、手玉が9番に当たったものの綺麗にポジション。久々にジャンゴの美技を堪能させて貰いました(^o^) ジャンゴは次戦で10ボール世界チャンピオン、アプルトンと激突です!

勝者4回戦(32)……主な対戦
S・V・ボーニング vs C・ウィリアムズ(Predator)
M・チャマット(MEZZ) vs ホセ・パリカ
M・イモネン(MEZZ) vs ニック・ヴァーナー
ジョニー・アーチャー vs トニー・ロブレス
E・ストリックランド vs R・モリス(K.ANDY)
ダレン・アプルトン vs F・ブスタマンテ

※ 他、ロニー・アルカノ、L・V・コルテッザ、ダリル・ピーチ、コーリー・デュエルといった面々が勝者側に残っています!



時差は日本-13時間
11先勝者ブレイク、ダブルイリミ、プレーオフ無し、決勝のみ13先

有力選手組分け

トーナメント表(PCサイト)

トーナメントの流れ

USオープン'08 / 2008年10月:
2008年大会日程
2008年10月:


posted by mathilda at 15:28| 新潟 | 海外試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。